ロシアの核攻撃に対する米国の対応に関する元CIA長官-UNIAN

戦場で戦術核兵器を使用しても何も変わりません。

ロシアがウクライナに対して核兵器を使用する場合、米国は介入します。

元 CIA 長官の David Petraeus は、ABC ニュースでこれについて話しました。

ペトレイウスは、クレムリンがウクライナの領土を併合しようとする即時の試みによって示されるように、現在ロシア軍は戦場で負けていると述べた.

同時に、彼は、ガスの流れの減少により今年の冬が困難になったとしても、ヨーロッパが「ウクライナを支援する問題で崩壊することはない」と信じています。

また、元 CIA 長官は、ロシアの核兵器使用の脅威についてコメントしました。

「プーチンとロシアにとって事態はさらに悪化する可能性がある。戦場で戦術核兵器を使用しても何も変わらないだろう」

この場合、米国とそのNATO同盟国は、「ウクライナ、クリミア、黒海の戦場で確認および特定できるすべてのロシア軍を破壊する」.

「これは未解決のままではありません。しかし、(紛争は)拡大しません。これは核(兵器)対核ではありません。あなたは核のエスカレーションに入りたくないのです。しかし、これが決して拡大しないことを示さなければなりません。受け入れられる」とペトレイアス氏は語った。

また読む:

ロシアの核攻撃の脅威 – 知られていること

9月21日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、国内での部分的動員の発表とともに、核兵器で西側諸国を脅した。

これに続いて、占領されたウクライナの地域を併合しようとするクレムリンの試みが行われた。 これに関連して、ロシア当局者は、ロシア連邦がその領土に侵入した場合に核兵器を使用すると宣言し始めました。

しかし、世界は疑似国民投票の結果を認識しておらず、米国と同盟国は、ウクライナがモスクワが占領していた領土を非占領にすることに同意した.

西側のアナリストは、核の恐喝はロシア軍が戦場に出たときの困難な状況をむしろ示しているという主張に同意している。

同時に、ウクライナの諜報機関は、ロシア連邦が大量破壊兵器を使用する可能性があることを認めています。 プーチン大統領がそうすることに決めた場合、米国はすでに「壊滅的な結果」を脅かしています。

戦争研究所によると、核兵器の使用には、最前線での使用とウクライナ全体での大規模な攻撃の2つのオプションしかありません。 しかし、現在の状態のRF軍は放射線の影響を受けたゾーンで戦うことができず、ストライキ自体ではウクライナを完全に占領することはできないため、戦場でロシアに真の利点を与えるものはありません。

次のニュースにも興味があるかもしれません。

See also  死の2日前に女王と会った王室の写真家は、彼女が彼女に言ったことを明らかにします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick