ラムジーは、アレグリがミッドフィールダーを「アウトゴーイングプレーヤー」と定義しているため、ユベントスの出口に向けて設定しました

A

アーロン・ラムジーは、イタリアのクラブで2年半過ごした後、ユベントスに将来はないと言われています。

2019年にアーセナルからフリーエージェントとして参加したウェルシュマンは、週給が40万ポンドであると噂されていましたが、イタリアの巨人にとっては6ゴールしか達成していません。

彼の契約は残り18か月で、レポートはラムジーとニューカッスル、アーセナルへの復帰、バーンリーを結びつけました。 彼はターフムーアに移転するという最近のアプローチを拒否したと言われています。

水曜日に、ユヴェントスのマッシミリアーノアレグリ監督は、現在のセリエAシーズン中に授与した選手が100分未満であるという明確な評決を下しました。

「アーロン・ラムジーは、イングランドで働くために彼が去った後、今日戻ったが、彼は外向的なプレーヤーである」とアレグリは言った。

ただし、トリノを離れないプレーヤーの1人は、アルバロモラタです。 アトレティコ・マドリードの借金人は1月のバルセロナへの移転に関連していますが、アレグリは彼を手放すつもりはありません。

「私はアルバロに彼がここにいると言った、彼はユベントスを離れない、話の終わりだ」とコーチは付け加えた。

See also  NL祝うチーム・グシュー・ブライアーの勝利

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick