ラプターズが33回目のピックでアリゾナCクリスチャンコロコをドラフト

トロント(AP)—トロントラプターズは、木曜日の夜のNBAドラフトで33番目の総合ピックでアリゾナセンターのクリスチャンコロコを選びました。

「良いショットブロッカー、本当に良い守備の数字」とラプターズのニック・ナース監督はコロコについて語った。 「昨年、多くのカテゴリーで大学バスケットボールのすべてで非常に高いランクを獲得しました。 かなりまともなピックアンドロールプレーヤーであり、彼は良い足を持っています。」

7フィート1のコロコはワイルドキャッツと3シーズンプレーし、ジュニアとして37試合で1試合あたり平均12.6ポイントと7.3リバウンドのキャリアベストを記録しました。

「私は彼と話をしました、そして彼はここにいることにとても、とても興奮しています」とナースは言いました。 「私たちが彼を選んだことを本当に本当に嬉しく思います。」

関連動画

ストーリーは広告の下に続きます

コロコ(22歳)は、カメルーンのドゥアラ出身で、ラプターズオールスターフォワードのパスカルシアカムと同じ出生都市です。

「彼らが一緒にいるのを見るのはきっと面白いだろう」とナースは言った。

ラプターズのマサイ・ウジリ社長とフォワードのプレシャス・アチウワは、隣国ナイジェリア出身です。

2019年のチャンピオンであるトロントは1年ぶりにプレーオフに復帰しましたが、フィラデルフィアに6試合のシリーズを失う前に第1ラウンドで3-0に遅れました。

長くてアスレチックな選手がたくさんいるにもかかわらず、ラプターズの名簿には6フィート9を超える人がいなかったため、76ersセンターのジョエルエンビードを守るというすでに困難な作業がプレーオフの時間にさらに困難になりました。

「彼は確かに、おそらく必要な位置にスロットインし、名簿のバランスも取ります」と、ナースはコロコについて語った。 「今夜のその1つについては、かなりエキサイティングな選択だと思います。」

Kolokoは、2021-22 Pac-12ディフェンシブプレーヤーオブザイヤー、最も優れたプレーヤー、そして全会議のファーストチームセレクションでした。 彼は会議を主導し、NCAAで1試合あたり2.76ブロックで14位にランクインし、アリゾナのシングルシーズンの記録を102ブロックで結びました。

コロコはまた、ナイスミスディフェンシブプレーヤーオブザイヤーアワードの10人の準決勝進出者の1人でもありました。

もともとデトロイトに属していたトロントのピックは、ガードのゴラン・ドラギッチとトロントの最初のラウンドのピックと引き換えに、フォワードのサデウス・ヤングとともにサンアントニオから獲得されました。

ストーリーは広告の下に続きます

昨年、ラプターズはフロリダ州立大学のフォワードスコッティバーンズを総合4位で選んだ。 バーンズはNBAルーキーオブザイヤーに選ばれ、ヴィンスカーターとデイモンスタウダミアにトロントの選手として加わり、新人のトップの栄誉を勝ち取りました。

ラプターズはチーム史上初めて33位をドラフトしました。

___

その他のAPNBA:https://apnews.com/hub/NBAおよび https://twitter.com/AP_Sports

©2022TheCanadian Press

See also  ボール–ポルトガルの対戦相手であるガーナは、2022年ワールドカップ(CAF)に向けて2つの援軍を確保しようとしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick