ラファエル・ナダルはショットを打つことなく準決勝に容易に

ラファエル・ナダルは、準々決勝の試合に出場せずに、メルボルンでのATPトーナメントの準決勝に進出しました。 20回のグランドスラムシングルスチャンピオンは、金曜日のメルボルンサマーセット2022で、オランダの対戦相手であるタロングリークスポールが撤退したときに無投票当選を受けました。 (その他のテニスニュース)

当局は当初、Griekspoorがプレーできなかった理由を確認していませんでした。 ナダルがプレーして5か月ぶりの試合に勝ち、リカルダスベランキスをストレートセットで破ったのは、わずか1日後のことでした。 彼は土曜日にシードされていないエミル・ルースブオリと対戦し、決勝戦に出場します。 Ruusuvuoriは以前にAlexMolcanを6-2、6-1で破りました。

金曜日の他の男子プレーでは、マリン・チリッチとトップシードのガエル・モンフィスがアデレード国際で準々決勝に勝ちました。 チリッチはラスロ・ジェレを6-3、6-2で破り、モンフィスは6シードのトミーポールを6-4、6-1で破った。

2番目にシードされたシモナハレプは、メルボルンで開催されたサマーセット1チューンアップイベントの準決勝に進み、ビクトリヤゴルビッチに6-2、5-7、6-4で勝利しました。 鄭秦文もアナ・コニュを7-6(1)、7-6(6)で破って前進した。

トップシードの大坂なおみは、金曜日の夜に準々決勝の試合を行う予定でした。 メルボルンで行われたWTAのサマーセット2の準々決勝では、アマンダアニシモワがイリーナカメリアベグを2-6、6-3、6-2で下し、ダリアカサトキナがヌリアパリサスディアスを7-5、6-1で下しました。

WTA 500のイベントであるアデレードインターナショナルでは、トップシードのアシュバーティが、2020年全豪オープンの優勝者であるソフィアケニンとの準々決勝戦を金曜日遅くにプレーしていました。 以前の結果では、7番目にシードされたエレナリバキナがシェルビーロジャースを3-6、6-3、6-2で破りました。

アデレードとメルボルンのトーナメントは、1月17日に始まるメルボルンパークでのシーズン開幕戦に先立ち、今週オーストラリアで開催される6つのチューンアップイベントのうちの2つです。

See also  次の一撃オレンジライオネス:ビビアンミデマはコロナに対して陽性をテストします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick