マルティニシュ・カンタースはまた、歌のビデオに彼の妻を巻き込んでいます

Mārtiņš Kanter (元 Ruskis) の曲「Visi ceļi ved uz Rom」のビデオ クリップが公開され、視聴者は疑問に思います。ここは本当にローマなのでしょうか。 いいえ、そうではありませんが、クリップの女性は実際にはマーティンの妻、ザネテです。

マルティニシュ・カンターの最新アルバム「Glezna」(5月にリリースされたアルバムには、オジャース・ヴァーシエシュ、ヤニス・ピータース、グンタル・ラチャスの言葉を添えたレイモンド・ポールの新曲が含まれている)からの曲の中で最も明るい曲で、マルティニシュの聴衆にもアピールします。コンサートでは、曲「Visi ceļi ved uz Rome」です。 そのビデオはリガ旧市街で撮影されましたが、そこに映し出されたシーンはイタリアを連想させるので、初心者は混乱するかもしれません. 「マエストロが私にこれを言ったら、曲を公開する前に、いくつかのコンサートで演奏して、時間を無駄にすることに意味があるかどうかを確認してください. 私はこの曲を何度か歌いましたが、2曲目までにはほとんどのリスナーがすでに一緒に歌っていると言えます。 私の意見では、この曲はとても明るく、軽やかで、愛に満ちたものでした。 リスナーがこの愛を感じてくれることを願っています。」

ビデオディレクションの作者はマルティシュ自身ですが、Kaspars Kambars が撮影と編集を行いました。 ビデオでの歌手のパートナーは、実生活での彼のパートナーでもあり、アルバムのジャケットと、以前は「White Morning」という曲のビデオに参加したマルティシュの妻ジャネテの両方で見ることができます。

See also  マーゴット・ロビーとライアン・ゴズリングがバービーとケンとして初めて一緒に登場

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick