テネシー州ナッシュビル—彼らは10年近く首を絞めてきましたが、なぜ今回は違うのでしょうか。

彼らの長年のライバル関係の最新の章では、マディソンハベルとザカリーダナヒュー、マディソンチョックとエヴァンベイツのアイスダンスチームが再び全米フィギュアスケート選手権に出場しました。 そして今回、トップに立ったのはチョックとベイツでした。

彼らの強いリズムダンスに支えられて、ChockとBatesは土曜日に3度目の全国タイトルを獲得し続け、HubbellとDonohueをわずか1.78ポイント上回った。 これらのチームが1位と2位で終わったのは4年連続の全国選手権です。

「私たちが行ったすべての作業を本当に誇りに思っています。それが現れ、私たちはそれに依存していたからです」とベイツ氏は語った。 「北京に行く勢いは今や良いと感じています。」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.