フランスで確認された新しいコロナウイルス変異体「IHU」

世界がSARS-CoV-2の高度に変異したオミクロン変異体に取り組んでいるとき、科学者たちは南フランスでウイルスを引き起こすCOVID-19の新株を特定しました。

「IHU」として知られるB.1.640.2の亜種は、IHU Mediterranee Infection研究所の研究者によって、少なくとも12例が報告されており、アフリカの国カメルーンへの旅行に関連しています。

しかし、研究者たちは、感染とワクチンからの保護に関する限り、この変異体がどのように振る舞うかを推測するのは時期尚早であると指摘しました。

12月29日にプレプリントリポジトリMedRxivに投稿された、まだピアレビューされていない研究では、IHUに46の変異と37の欠失があり、30のアミノ酸置換と12の欠失が生じることが明らかになりました。

アミノ酸は結合してタンパク質を形成する分子であり、どちらも生命の構成要素です。

N501YおよびE484Kを含む14のアミノ酸置換、および9つの欠失がスパイクタンパク質にあります。

現在使用されているワクチンのほとんどは、ウイルスが細胞に侵入して感染するために使用するSARS-CoV-2のスパイクタンパク質を標的としています。

N501YおよびE484K変異は、ベータ、ガンマ、シータ、およびオミクロンの変異体でも以前に発見されました。

「ここで得られたゲノムの突然変異セットと系統発生的位置は、以前の定義に基づいて、IHUと名付けた新しい変異体を示しています」と研究の著者は述べています。

説明| 懸念される変異株は何ですか?

「これらのデータは、SARS-CoV-2変異体の出現の予測不可能性、および海外からの特定の地理的地域へのそれらの導入の別の例です」と彼らは付け加えました。

B.1.640.2はこれまで他の国で特定されておらず、世界保健機関(WHO)によって調査中の亜種とラベル付けされていません。

研究者によると、インデックス(最初の)症例は、昨年11月中旬に収集された鼻咽頭サンプルに対して検査室で実施されたRTPCRによって陽性と診断された成人でした。

疫学者のEricFeigl-Dingは、長いTwitterスレッドを投稿し、新しい亜種が出現し続けていると述べましたが、必ずしもそれらがより危険になるとは限りません。

「亜種をより有名で危険なものにしているのは、元のウイルスに関連して変異が多いために増殖する能力です」と、Feigl-Dingは火曜日にツイートしました。

「これは、それが「懸念の変異株」になるときです。オミクロンのように、より伝染性が高く、過去の免疫回避性が高くなります。この新しい変異株がどのカテゴリーに分類されるかはまだわかりません」と彼は述べた。

説明| コロナウイルスのオミクロン変異体を理解する

現在、多くの国で、昨年11月に南アフリカとボツワナで最初に確認されたオミクロンバリアントによって引き起こされたCOVID-19症例の急増が発生しています。

それ以来、懸念される変異株は100か国以上に広がっています。

インドでは、これまでに23の州と連邦直轄領で合計1,892件のオミクロン変異が検出されています。

See also  フランス大統領選挙の決選投票でマリーヌ・ル・ペンと対峙するエマニュエル・マクロン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick