フライブルク – ドルトムント 1:3、ドルトムントは交代選手のおかげでフライブルクでの試合前の結果を変えました

リーグの最初のラウンドでは、フライブルクも勝利し、フィールドでアウグスブルクを4:0で上回り、ドルトムントとの決闘もうまく開始しました。 35分、ミヒャエル・グレゴリチュがヘディングでアウェイチームに先制点をもたらしたが、アウェイコーチのエディン・テルジッチが後半に交代し、新加入選手のおかげでボルシアは試合を好転させた。

77分、18歳のジェイミー・バイノ・ギテンズが遠距離からのそれほど危険ではないショットで同点に追いついたが、ホームのゴールキーパー、マーク・フレッケンが手袋をはめていたため、不可解にも逃した。 84分、1歳年下のユスファ・ムココがゲストをリードし、4分後に別の途中出場のマリウス・ヴォルフが最終得点を挙げた。

ドイツ フットボール リーグ – ラウンド 2:
フライブルク – ドルトムント 1:3 (35. グレゴリチュ – 77. ビノエギッテンス、84. モウココ、88. ヴォルフ)。
See also  東ヨーロッパがロシアに背を向けると、ドイツはEUの支配力を失う– POLITICO

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick