パーキンソン病患者の不安を和らげるために見られる定期的な鍼治療臨床試験では、レベルが低く、生活の質が向上していることが判明

8 週間の鍼治療を受けたパーキンソン病患者は、偽手術を受けた患者よりも 2 か月後のフォローアップ訪問で、不安レベルが有意に低かった、と中国の臨床試験が報告した。

試験結果はまた、鍼治療が患者の情緒的幸福、全体的な運動機能、および生活の質を改善する効果的な方法である可能性を示唆しています。

研究、 “パーキンソン病患者の不安に対する鍼治療の有効性」が雑誌に掲載されました 自工会ネットワークオープン.

おすすめの読み物

不安は、パーキンソン病の一般的な非運動症状であり、集中力の低下、心配の感情、筋肉の緊張、およびより深刻な震えに関連しています。

パーキンソン病患者の約 31% が不安の症状を示している、と研究者は報告しています。 しかし、特にパーキンソン病患者の不安に対処するための治療オプションは不足しており、利用可能な抗不安薬の有効性は限られているようです.

治療後 2 か月で不安レベルが大幅に低下

一部の研究では、心理療法とも呼ばれる認知行動療法 (CBT) が、この患者集団の不安の治療に役立つことが報告されています。 しかし、その費用の高さはその使用を制限する可能性があると彼らは付け加えた.

広州中国医学大学の研究者は、確認の証拠を提供するために臨床試験を実施しました。

「私たちの知る限りでは、これは不安神経症患者の不安を対象とした鍼治療レジメンの有効性に関する最初の無作為化臨床試験です。 [Parkinson’s]、” 彼らが書きました。

個人は無作為に割り付けられ、1日30分間、週3回、8週間鍼治療または偽鍼治療を受けました。 患者はこの期間中、通常の薬を服用し続けました。

不安の程度を評価するために、研究者はハミルトン不安尺度 (HAM-A スコア) を使用しました。これは一連の症状によって定義された 14 項目で構成されています。 スコアが高いほど不安のレベルが高いことを示し、合計スコアは 56 です。

合計 64 人の患者 (女性 30 人、男性 34 人) が研究を完了しました。平均年齢はほぼ 62 歳でした。

8週間の治療の直後に、両方のグループで同様の不安レベルの低下が見られました. しかし、2 か月後のフォローアップでは、鍼治療群の患者は、偽鍼治療を受けた患者と比較して、HAM-A スコアが有意に低かった (10.97 対 18.56)。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)とコルチゾール(不安レベルを反映するストレスホルモン)の血中濃度も、治療の前後で測定されました。 治療期間後のシャムグループのACTHレベルの増加は、鍼治療グループのそれよりも高かった. 2つのグループ間でコルチゾールレベルに違いは見られませんでした.

「鍼治療が血清中のACTHレベルを低下させることができることが予備的に確認されている可能性があり、これは以前の結果と一致しています。 [where] 著者らは、鍼治療がストレスホルモンレベルの上昇を緩和し、不安を軽減できることを証明しました」と研究者は書いています.

参加者の精神的健康を反映させるために、チームは統合パーキンソン病評価尺度パート I (UPDRS I) と 39 項目のパーキンソン病アンケートの感情的幸福 (PDQ-39 EW) スコアを使用しました。 フォローアップの最後に、鍼治療を受けた患者は、偽手術を受けた患者よりも有意に低い (より良い) スコアを示しました。

患者の全体的な状態と生活の質を評価するために使用される合計 UPDRS と PDQ-39 スコアも同じ傾向を示しました。 [Parkinson’s] 運動症状」と研究者は書いています。

軽度の重篤な副作用は報告されておらず、そのうちの 2 例は「軽度の血腫」または針部位周辺の少量の出血による腫れであった、と研究チームは指摘している。

「短期的には一定のプラセボ効果があるものの、鍼治療は患者の不安に対して臨床的に有効であると予備的に結論付けることができます」と科学者は書いています.

「この研究の結果は、臨床モニタリングを伴う鍼治療がパーキンソン病患者の不安を軽減する可能性があることを示唆しています」と彼らは結論付けました。

See also  性欲を高めるための 5 つの栄養戦略

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick