パラグアイの兵士が大統領官邸で鹿の角を駆け抜けて殺された

記事の内容

アスンシオン—パラグアイの陸軍将校は、首都アスンシオンの大統領官邸で警備員を務めていたときに、枝角を胸に突き刺した鹿に襲われて死亡した、と当局者は火曜日に語った。

記事の内容

南アメリカの国の軍隊からの声明によると、歩兵の副軍曹ビクター・イサシ・フレチャ(42歳)は、動物によって引き起こされた「刺すような怪我」の結果として月曜日の夜に死亡した。

鹿は、大統領官邸に寄贈されたインドのアクシスジカであり、環境省の野生生物局長、フレデリック・バウアー氏はメディアに語った。

歩兵のスポークスマン、ビクター・ウルダピレタ氏はロイター通信に対し、兵士が鹿に近づいて攻撃された瞬間を監視カメラが捉えたと語った。

申し訳ありませんが、この動画は読み込めませんでした。

彼は軍病院で死亡したと宣言された。 ウルダピレタ氏は、前政権のダチョウやポニーを含む、大統領官邸で日常的に飼育されている動物による同様の攻撃の歴史はないと述べた。

動物は立ち入り禁止区域に保管されており、首都の住宅地にある住居への訪問者と定期的に接触することはありません。

See also  スタートレックがついにスポック氏の名を明らかに

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick