トーリー党のMPは、BBCが毎晩「女王を救う神」を演じることを望んでいます–そしてゲーリーリネカーの反応は残忍です

保守党のMPは、女王陛下を毎晩BBCが再び演じることを求めています。これは、さまざまな反応を集めている提案です。

Romfordを代表するAndrewRosindellは、Beebプログラミングの最後に国歌が爆発することで、「私たちの国の大きな団結と誇り」が強化されると示唆しました。これは、政府の大臣から熱意をもって迎えられたアイデアです。

文化大臣のクリス・フィルプはMPに「国歌が歌われるのを聞くほど、率直に言って良い」と語り、ロシンデルが質問を終えた後、文化秘書のナディン・ドリーズが「素晴らしい」と言うのを聞くことができた。

国歌はBBCOneで毎日演奏され、1997年にはBBCNewsチャンネルの放送が早朝に開始されました。 国歌は、BBCワールドサービスに引き渡される前に、ラジオ4で引き続き聞くことができます。

しかし、企業の最大のプログラムのいくつかを紹介している放送局で元サッカー選手のゲーリー・リネカーは、感銘を受けていないようでした。

「ええ、イギリス人を減らして北朝鮮人になりましょう」と彼はツイッターに書いた。

ロシンデルはコモンズに次のように語った。「国歌を歌うことは、私たちの国に大きな団結と誇りを与えるものであることに大臣が同意することを私は知っています。

「それで、今年の女王のプラチナジュビリーで、大臣は公共放送に国歌を演奏するように促し、BBCがニュース24に切り替わる前にその日の番組の終わりにそれを復元することを確実にするための措置を講じますか?」

フロントベンチの同僚であるPhilpは、次のように述べています。

「国歌が歌われるのを聞くほど、率直に言って、より良いものになります。 学校のような組織はそれを自由に宣伝することができ、この分野で私たちができることが多ければ多いほど、それはより良くなるでしょう。」

BBCのスポークスパーソンは、次のように述べています。

「BBCOneは夕方に閉まらないため、国歌を毎日演奏することはなくなりました。」

See also  パンデミック後、結婚式はより高価になった、とプランナーは言います

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick