ソニーは新しい子会社で電気自動車市場に向かって動きます

東京—ソニーは火曜日に、競争の激しい電気自動車市場への参入に一歩近づくために、輸送に専念する子会社を設立すると発表した。

日本の電子機器とエンターテインメントの巨人は昨年、プロトタイプの電気自動車を発表し、ヨーロッパで自動車のロードテストを開始しました。

ソニーのチーフである吉田憲一郎は、ラスベガスで開催されたコンシューマーエレクトロニクスショーで、同社のPlayStation5コンソール用に作られたビデオゲームを乗客がプレイできる新しいバージョンの車両を発表しました。

「ソニーのEVの商用発売を検討している」と吉田氏は電気自動車について語った。 ソニーは今春、新会社を設立する予定だと彼は付け加えた。

日本は自動車製造の世界的リーダーですが、その企業は小さいながらも急速に成長している電気自動車市場への参入が遅れています。 米国とヨーロッパの伝統的な競争相手が今後数十年で全電気化することを約束したとしても、彼らは主にテスラのような企業にこの分野を譲り渡した。

トヨタは先月、二次電池式電気自動車に多額の投資を行い、ガソリン車の代替品を提供している他社に追いつくために、自動車のラインナップを大幅に拡大すると発表した。

Googleの親会社であるAlphabetのようなテクノロジー企業。 アップル; 中国のインターネット検索会社であるBaiduは、人工知能などの分野での強みを、ますますデジタル化、オンライン化、ソフトウェア指向になりつつある消費者製品にもたらすことを望んで、市場への参入に関心を示しています。

電気自動車は、内燃機関を搭載した自動車よりも部品点数が少なく、製造も容易ですが、これらの企業は依然として自動車を市場に投入するという困難な道に直面しています。

See also  携帯電話をプレイしながら食べることの危険性、胃の脂肪が蓄積する

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick