ジョー・ジョナス、ソフィー・ターナーと新たな関係を築くのは「早すぎる」と考えている

1699389002
2023-11-07 08:56:43

ジョー・ジョナスは4年間の結婚生活を経てソフィー・ターナーとの離婚を申請し、現在も離婚と娘の親権に関する合意を最終調整中である。 写真:マイク・コッポラ/ゲッティイメージズ
マイク・コッポラ/ゲッティイメージズ

ジョー・ジョナスは、別居中の妻ソフィー・ターナーとまだ交際中であるため、別の関係を築くのは時期尚早だと考えていると伝えられている 離婚を成立させる そして子供の監護権に関する同意書。

先週、金髪の女性と男性が白昼の路上でキスをしている写真がネット上で話題になった。 報道によると、それは27歳の「ゲーム・オブ・スローンズ」女優がパリでの週末休暇中に英国貴族のペレグリン・ピアソンと唇を重ねた時だったという。

デイリーメール 情報筋は、ジョナスは自分の行動が信じられないと感じていると主張した。 彼もまた新しい愛を見つけたいと思っているが、今のところ優先事項は二人の娘、自分のキャリア、そして離婚を成立させることだ。

「ジョーにとって重要なことは、子供たちの幸福と、兄弟たちとのツアーを終えることだ。彼はまた愛を見つけて、そのすべてを喜んでやりたいだろうが、それは予定されているものには及ばない」彼は離婚を乗り越えて自分の人生をやり遂げたいと思っているので」と関係者は主張した。

同関係者は、ターナーが「公共の場で誰とでも元気よくキスしたいのなら、本当はそんな遊びはしたくない」と主張した。 ジョナスは「自分の優先順位を確認し、今何が重要であるかに集中することが前に進む方法であり、それが家族と仕事に対する彼の義務であると感じている」と言われている。

関係者はさらに、「確かに少し時期尚早に感じますが、彼は彼女の行動をコントロールすることができず、二人にとって最善の共同子育ての方針を見つけようとすることしかできません。もし彼女が彼を傷つけるためにこれをしているのであれば、彼女はそうではありません」と付け加えた。彼女がこれ以上彼を傷つけるつもりなら、彼は顎を上げてそれを乗り越えるでしょう。」

29歳のピアソンは、サセックス州の第4代カウドレー子爵の相続人である。 彼の家族は2億2,400万ポンドの価値があると考えられており、出版事業と教育会社ピアソン社を経営しています。

目撃者によると、ピアソンさんとターナーさんはロンドンからユーロスターに乗って「駅の外にある運転手のお迎え場所に一緒に到着した」という。 二人は数分間そこに立っており、「おしゃべりしたり、よく笑ったりしていた」。 それから彼は帽子を脱いで、 身を乗り出してターナーに大きなキスをした 彼らは運転手付きの車で別れ、後に市内のスタッド・ド・フランスで再会した。

ターナーとピアソンはまだ二人の関係の状況について言及しておらず、写真に写っていたのが自分たちであるかどうかを確認していない。 ジョナスとターナーは結婚して4年が経ち、 娘ウィラとデルフィーヌを共有

#ジョージョナスソフィーターナーと新たな関係を築くのは早すぎると考えている

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick