ジョグジャカルタのCOVID病院のBORはまだ10〜11%:公式

ジョグジャカルタ (アンタラ) – ジョグジャカルタ市の COVID-19 病院の病床占有率 (BOR) は、市内での活動的な症例の増加にもかかわらず、現在もまだ約 10 ~ 11% であると当局者は述べています。

「COVID-19患者の治療のためのベッドの平均占有率は、(患者の)重症および非重症の(患者の)約10%から11%です」と、ジョグジャカルタ市保健局の責任者であるEmma Rahmi Aryaniは金曜日にここで述べました.

現在の BOR は、木曜日 (2022 年 8 月 11 日) の 10.7% とほぼ同じであり、重篤な患者を治療するために準備された 140 床のうち 15 床が占有されたことを反映しています。

重症でない患者を治療するために準備されたベッドの占有率は6.22%に達し、1,318床のうち82床が占有されました。

保健局は、特に現在の症例数の増加の中で、COVID-19 患者を治療するためのベッドを提供するよう病院に要請しています。

7 月 31 日から 8 月 6 日までの期間に、ジョグジャカルタ市は 180 人の新規 COVID-19 症例、129 人の回復者、死亡者ゼロを記録しました。

症例数の増加にもかかわらず、市内のほとんどの地域は、イエロー ゾーン、つまり COVID-19 感染のリスクが低い地域に分類されています。

それにもかかわらず、コミュニティは、マスクを着用し、定期的に手を洗い、距離を保ち、危険な相互作用を避けることにより、健康プロトコルを遵守することをお勧めします.

一方、ジョグジャ病院の院長であるアリユディ・ユニタは、重症および非重症のCOVID-19患者を治療するためのベッドを確実に提供しています。

「現在、非重症(ベッド)で治療を受けている患者は3人だけです。以前は、重症で治療された患者が1人いましたが、患者の状態は改善しました」とユニタ氏は付け加えた.

彼女は、彼女の病院は治療ベッドの数がまだ十分であると考えられていたので、治療ベッドの容量を増やさなかったと言いました. 「平均して、治療を受けている患者はかなり良好な状態にあり、(これまでに)死亡例はほとんどありません」と彼女は伝えた.

関連ニュース: BOR を制御下に置くためにブースター適用範囲の拡大を期待する: 大臣
関連ニュース:COVID-19の症例が増加する中、ジャカルタのBORは22%:公式
関連ニュース:ICUの38%、COVID-19患者が隔離室を占有:省

See also  より多くのウクライナ人がここに歓迎します--

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick