ジャッカルのフランクとエリックによる DWDD の記事「爆弾のようにヒット」

Volkskrant の記事「爆弾のようにヒット」、Erik は Beau として始まる 題に取り組みます。 「私はその非常に厳しい文化を認識しています。」 しかし、エリックは次のように認めています。 ..」

フランクは、 DWDD「ひどい」と「一撃」の乱用。 「現在、私は元編集者などと多くの連絡を取り合っています。(…) 個人的には、Matthijs が私を激しく非難したという意味ではあまり関係がありませんでした。」 そこで彼は、「この男から非常に多くのことを学んだ」と付け加えています。 「もちろん、それはそこで何が起こったのかを説明するものではありません。」

その後、エリックが参加します。 Frank は次のように続けています。

エリックは、テレビに出演したことで多くの苦しみを免れたと考えています。 「私たちも写真に写っていましたよね?それには少し異なるルールがあります。それも私の目を覚まさせました。元同僚の中には、「はい、エリック、あなたは怒鳴られていませんでした。あなたは私に怒鳴られました」と言っています。」

両氏は、要請があれば、独立した調査に参加する意思があることを示しています。 「また、BNNVARA の役割にも問題があります」と Erik は締めくくります。 「私は VARA の年寄りです。VARA はかつてこう言っていた放送局です。『私たちはそれを必要としているが、今は自分でそれを行うことができない人々に取り組んでいます』。あなたが自分の従業員に無関心だったことは大笑いです。」

エリックとフランクの同僚で元ジャッカル・マタイス・クレインは、叫びの試合を免れませんでした。 彼は RTL Boulevard に次のように語った。

See also  「Through thorns to...」の新シーズンが始まりました

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick