ジェットブルー、アラスカ航空、その他がその他のフライトをキャンセル

航空会社は何ヶ月もホリデーシーズンの準備をしており、計画を見直し、労働者の準備を整えています。 しかし、それだけでは、急速に蔓延しているオミクロンコロナウイルスの影響や、西部での大雪や強風の影響を緩和するのに十分ではありませんでした。

空の旅のデータサイトFlightAwareによると、木曜日も引き続き影響があり、午後までに米国発着のフライトが1,200回以上キャンセルされました。 このサイトでは、金曜日に640件を超えるキャンセルが表示されました。

国が1日に平均26万件以上の新しいコロナウイルスの症例を抱えており、昨年の冬のピークレベルを上回っているため、混乱が続いています。 感染率は、北東部と中西部の一部で特に高くなっています。 死亡と入院は比較的安定しているものの、オミクロンの亜種が広がるにつれて、症例数は急速に増加し続けています。

急増は空の旅よりもはるかに混乱しています。 ウイルスが地下鉄の労働者と救急隊員の階級を薄くするにつれて、ニューヨーク市は這うように遅くなりました。 シンシナティは水曜日に非常事態を宣言し、予定された休暇と同時期にコロナウイルスの症例が急増した中、市の消防署内の労働力不足に対処するのを支援しました。 多くの都市では、新年のお祝いをキャンセルまたは制限しています。 より広義には、パンデミックはサプライチェーンに数ヶ月の大混乱を引き起こしました。

木曜日に大きな打撃を受けた航空会社にはジェットブルーが含まれ、全フライトの17%がキャンセルされました。 ジェットブルー航空は水曜日、1月13日までスケジュールを短縮すると発表した。声明のなかで、航空会社は、オミクロンの亜種が原因で病気の電話が「急増」し、パンデミックが始まって以来、どの時点よりも多くの労働者がいる休暇。

「私たちは、ほとんどの乗組員が拠点を置く北東部でのCovidの症例数が、今後1、2週間は急増し続けると予想しています」と同社は述べています。 「これは、ケース数が減少し始めるまで、追加のキャンセルの可能性が高いことを意味します。」

シアトル・タコマ国際空港を主要ハブとするアラスカ航空は、フライトの14%をキャンセルしました。 先週、太平洋岸北西部の地上機で絶え間ない降雪と記録的な低温が発生し、木曜日にシアトルで再び雪が降りました。

航空業界は、人員の圧迫を緩和するために、米国疾病予防管理センターに、Covid-19に感染したアメリカ人の推奨隔離期間を短縮するよう求めました。 当局は以前、感染した患者が陽性検査後10日間隔離することを推奨していた。 しかし、月曜日には、症状のない人と他の症状が解消している熱のない人の場合、その期間を5日に短縮しました。

デルタ航空は、更新されたガイダンスに適応した最初の企業の1つでした。 ニューヨークタイムズが入手した企業リーダーへの内部コミュニケーションによると、火曜日の新しいポリシーでは、コロナウイルスの分離が陽性であるとテストされたワクチン接種を受けた労働者に5日間の有給休暇を提供しています。

このポリシーでは、Covidテストを仕事に戻すことを推奨していますが、必須ではありません。CDCガイダンスよりも一歩進んでおり、追加のテストの推奨事項は含まれていません。Deltaは、労働者に2日間の有給休暇を提供しています。 CDCが示唆しているように、航空会社のプロトコルでは、帰国した従業員の症状が改善するかどうかについては言及されていません。

長距離バスのオペレーターであるメガバスは木曜日、12月27日から1月7日までの間にフライトがキャンセルされた旅行者に米国とカナダのルートで無料の乗り物を提供していると語った。

See also  ベティ・ホワイトからの最後のメッセージ愛してくれたファンに感謝

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick