シンガポールはラオスから購入し、初めてクリーン電力を輸入している

2022年6月1日にシンガポールで開催された-iLightSingaporeイベントのプレビュー中に、マリーナベイプロムナードに沿って展示されたオランダのTOERによるFirefly Fieldというタイトルのライトアートインスタレーション。(写真:-)

シンガポールは木曜日にタイとマレーシアを経由して配線されたラオスから水力発電を受け始めました。これは、気候変動の目標を達成するために国境を越えて見ている都市国家の最初の再生可能エネルギーの輸入です。

シンガポールは最大100メガワットを受け取っているとエネルギー市場監督庁はプレスリリースで述べています。これはピーク需要の1%強に相当します。 土地が不足している国は、2035年までに低炭素電力の輸入を4,000メガワット、つまりそのニーズの約30%に拡大するための第一歩になることを望んでいます。

電力は、Electricite du Laos水力発電ダムによって生成され、タイとマレーシアの既存のグリッド相互接続を介して送られます。 Keppel Electric Pteは、2年間の電力購入契約に署名し、シンガポールのEMAによって発行された最初の電力輸入業者ライセンスを受け取りました。

ラオスにとって、電力販売は、国が現金準備の減少とインフレの急増に直面し、750万人の国の債務危機を脅かしているときに起こります。 この協定はまた、シンガポールが昨年、再生可能エネルギーの輸出を禁止した後、マレーシアとの関係を通じてクリーンな電力を受け取るのに役立ちます。

See also  クイーンはダイヤモンドとゴールドのバードオブパラダイスブローチを着用して、パディントンにエリザベスラインをオープンします

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick