シャポバロフ、オージェ-AliassimeはATPカップでカナダを準決勝で狩り続ける

ダニール・メドベージェフとロマン・サフィウリンは、火曜日にダブルスで優勝する前にシングルスの試合に勝ち、ディフェンディングチャンピオンのロシアにオーストラリアを席巻し、ATPカップでグループBの1位を獲得しました。

夜のセッションでは、ダン・エバンスがデニス・シャポバロフを6-4、6-4で破り、イギリスにカナダを早くリードさせましたが、フェリックス・オジェ・エイリアスシメはキャメロン・ノリーを7-6(4)、6-3で破り、シャポバロフと組み合わせてダブルスの決勝戦でジェイミー・マリーとジョー・ソールズベリーを6-4、6-1で破った。

「チームを存続させてうれしいが、仕事は終わっていない」とオージェ・エイリアスシメはシドニーから語った。

グループの勝者は、ドイツがカナダと対戦し、米国が英国と対戦する木曜日に決定されます。

16チームのオーストラリアトーナメントの4つのグループ優勝者は、金曜日と土曜日に準決勝に進み、決勝は日曜日に予定されています。

ロシアはトーナメントで2-0ですが、準決勝に進むためには、昨年のファイナリスト間の再戦で木曜日にイタリアに勝たなければなりません。

サフィウリンは、ジェームズ・ダックワースに7-6(6)、6-4で勝利してナイトセッションを開始しました。 メドベージェフはアレックスデミノーを6-4、6-2で下し、ダブルスの前にロシアの勝利を確保しました。

グループCの4ウェイタイ

「私たちは、最後のポイントまで、私たちの国のためにプレーするときに戦う」とメドベージェフは言った。

イタリアは先週の日曜日にオーストラリアに敗れたことからリバウンドし、フランスを席巻しました。ヤニック・シナーがアーサー・リンダークネッチを6-3、7-6(3)で破り、マッテオ・ベレッティーニがウゴ・アンベールを6-4、7-6(6)で破りました。 。

ベレッティーニにとって、週末にデミノーに敗れた後の自信を高める勝利でした。 ハンバートは、全米オープンチャンピオンのメドベージェフに不調な勝利を収めていました。

ドイツが米国を破った後、グループCの4つのチームすべてが1-1の記録を持っています。

Jan-Lennard Struffは、ジョン・イスナーに7-6(7)、4-6、7-5で勝利して34エースに耐え、ドイツにリードを与えました。アレクサンダー・ズベレフは、5回目のマッチポイントでチームの勝利を6-で封印しました。 4、6-4はテイラーフリッツに勝ちます。

イスナーとフリッツは、ダブルスでケビン・クラビーツとティム・プッツに6-0、6-3で勝利し、グループの勝者を決定する上で重要であると証明できるポイントをアメリカ人に獲得しました。

ドイツはトーナメント開幕戦でイギリスに2-1で敗れ、アメリカ人はカナダを3-0で下しました。

ジョコビッチが全豪オープンで青信号を獲得

ノバク・ジョコビッチは、メルボルンへの旅行の医学的免除を受けた後、全豪オープンのタイトルを守るチャンスを得て、トーナメントに厳しいCOVID-19ワクチン接種要件があるため、彼の参加についての数ヶ月の不確実性を終わらせます。

トップランクのジョコビッチは火曜日にInstagramに、オーストラリアへの旅行の「免除許可」を持っていると書いています。

記録的な21回目のグランドスラムシングルスタイトルを求めているジョコビッチは、コロナウイルスのワクチン接種を受けているかどうかを明らかにすることを絶えず拒否しています。 ビクトリア州政府は、免税が認められるべき真の理由がない限り、全豪オープンに参加するすべての選手、スタッフ、ファンに完全なワクチン接種を義務付けています。

全豪オープンの主催者は火曜日遅くに声明を発表し、ジョコビッチが1月17日からオーストラリアに向かうトーナメントに出場できることを確認しました。 彼は先週末シドニーで始まったATPカップのためにセルビアのチームから先に撤退した。

「ジョコビッチは、医療専門家の2つの別々の独立したパネルを含む厳格なレビュープロセスの後に付与された医療免除を申請した」と声明は述べた。 「そのうちの1つは、ビクトリア州保健局によって任命された独立医療免除審査委員会でした。彼らはすべての申請を評価して、免疫化ガイドラインに関するオーストラリア技術諮問グループに適合しているかどうかを確認しました。」

Tennis Australiaは、このプロセスには、すべての申請者のプライバシーを確​​保するための個人情報の編集が含まれていると述べました。つまり、ジョコビッチは免税を公表する義務はありませんでした。

火曜日に発表された決定は、パンデミックの真っ只中に何ヶ月にもわたる厳しい封鎖と厳しい旅行制限に耐えた都市で広く議論されるでしょう。

34歳のジョコビッチは、全豪オープンで20のメジャータイトルのうち9つを獲得しています。 彼はほとんどのメジャーの男子記録をロジャーフェデラーとラファエルナダルと共有しています。

大阪はコルネットを破ってオープンシーズン

大坂なおみは、グランドスラムの4つのシングルタイトルのうち2つを獲得した場所に戻ってきました。しばらくして、ゲームへの愛情を再発見しようとした後、気分が良くなりました。

全豪オープンチャンピオンは、メルボルンで開催されたサマーセットのトーナメントの1つで、火曜日にアリーゼコルネに6-4、3-6、6-3で勝利して2022シーズンを開幕しました。

大阪は2月に全豪オープンで優勝して以来、初めてロッド・レーバー・アリーナに戻ってきました。 9月の全米オープンでレイラ・フェルナンデスに3回戦で敗れて以来、これは彼女の最初のツアーレベルの試合でもありました。

その敗北後、大阪は「次のテニスの試合をいつプレーするかは正直わからない」と語った。

彼女はまた、昨年初めに休みを取りました。これは、2回戦の前に全仏オープンから撤退したときに始まったメンタルヘルスの休憩です。 彼女はまた、ウィンブルドンに腰を下ろし、東京オリンピックに戻り、開会式で大釜に火をつけました。

メルボルンでの開幕戦で優勝した大阪は、今年の大きな目標の1つは、ゲームを楽しむことだと語った。

友人や家族との付き合いに時間をかけた後、彼女はゆっくりとゲームへの愛情を取り戻し始めたと言いました。

「完全に消えたわけではないが、年々遊んでいるだけで感じていたたくさんの感情に影を落とした」と大阪は語った。

元No.1のアンディマリーが排除

メルボルンで開催された他の女子サマーセットトーナメントのトップシードであるジェシカペグラは、第1ラウンドでイリーナカメリアベグに7-6(6)、6-3で敗れました。

昨年の全豪オープンで準々決勝に進出したペグラは5-3でリードし、ベグが勝利を収める前にポイントを設定しました。

男子側では、ファクンド・バグニスが元1位のアンディ・マリーを6-3、5-7、6-3で下し、13のブレークポイントのうち11を節約しました。 彼は次に、サードシードのグリゴール・ディミトロフを演じます。 全豪オープンで5回のファイナリストを務めたマレーは、シーズンのオープニングメジャーでプレーするワイルドカードエントリーを受け取りました。

アデレードでは、2020年全仏オープンチャンピオンのイガ・シフィオンが、最近の結婚前にダリア・ガブリロワとして知られていたダリア・サビルに6-3、6-3で勝利してアデレード国際タイトル防衛を開始しました。

以前の試合では:

  • アメリカのティーンエイジャー、ココ・ガウフがノルウェーのウルリッケ・エイケリを6-2、6-1で下し、トップランクのアシュ・バーティとの第2ラウンドの試合を設定しました。
  • 2020年全豪オープンチャンピオンのソフィアケニンがルシアブロンゼッティを7-5、7-5で下しました。
  • アナスタシア・ガサノバは、8シードのエリナ・スビトリナを5-7、6-4、6-3で破りました。
  • 全豪オープンで2度優勝したビクトリアアザレンカは、ナイトマッチで4シードのポーラバドサを6-3、6-2で敗退させました。
See also  ラツィオ、ウゴリーニの不動:「サリの宣言は愛撫とアドバイス」-ラツィオシアモノイ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick