シベリアの700以上の集落が停電のまま ᐉ Fakti.bgからのニュース – 世界

ロセッティ・シベリア会社の報道機関は、アルタイ地方、アルタイ共和国、オムスク、ケメロヴォ地域を含むシベリア連邦管区のいくつかの地域が悪天候のため、170以上の集落が停電したと報告した。

夜には、シベリア地域で最大秒速25メートルの雪、雨、風が記録されました。 「Altaienergo、Kuzbassenergo-RES、Omskenergo の各チームはすでに各地域の電力を復旧しています。

同社の移動緊急復旧チームには、4,567 名と 1,824 台の特殊装備が参加しました。 アルタイ地方では悪天候により、家屋の屋根や社会インフラ、建物のファサード、倒木、送電線の破損などが発生した。 地方検察庁は、悪天候の影響を排除する権限を引き継いだ。


ノヴォシビルスク地域の電力供給を確保している会社「ロシア・エネルギー・ネットワークス」は、この地域の5つの地域が悪天候により最も大きな被害を受けたと報告した。 報道機関は「電力供給はできるだけ早く復旧するが、送電線から落下物を取り除くのに時間がかかる場合もある」と説明した。

評価を付ける:





評価 3.8 から 8 声。

2023-11-19 12:05:00
1700399575
#シベリアの700以上の集落が停電のまま #ᐉ #Fakti.bgからのニュース #世界

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick