ケイト・ミドルトンは、クイーンの死が彼女の子供たちに与えた影響を詳述しています

ケイト・ミドルトンは、エリザベス女王の死が彼女の子供たちに与えた影響を明らかにし、女王陛下の死後、子供たちを「ビーズの目」と表現しました.

ウェールズの新しい王子と王女は、木曜日にウィンザー城でボランティアとスタッフに会いました. ペアは、月曜日にウェストミンスター寺院で行われた故英国君主の国葬でのサービスに感謝しました.

ケイトは、彼女の子供たちについて次のように説明しました。 ジョージ王子(9 歳)、シャーロット王女(7 歳)、ルイ王子(4 歳)は、女王の葬式での警備計画の一環として、空を飛ぶドローンに特に注意を払っていました。

彼女は、ジョージ、シャーロット、ルイは特に「ビーズの目」だったと言い、安全のためにドローンが飛んでいる理由を尋ねた.

バークシャーのウィンザー・ギルドホールでボランティアに語った王女は、王室のメンバーが早朝のリハーサルを聞いていれば、「私たちはそれを聞いていなかったが、私は聞いていた.

ウィリアム王子はさらに、「家族の何人かの子供たちが目を覚まし、私たちは何かを聞いているのかと思った.

以前、ケイトは幼い子供たちが亡くなった君主の死をどのように受け入れているかを明らかにしました.

「若い子は、『バルモラルに行っても、まだこれらのゲームをプレイできると思いますか』などの質問をしています。彼女はそこにいないので、そのようなことをしますか?」と彼女は共有した.

See also  最終目的地 6 人の監督が自らの映画を売り込むために死ぬ

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick