キッドワイでは毎年約21,000人の新規がん患者が登録されている

国営キッドワイ記念腫瘍研究所には毎年約21,000人の新規症例が登録されており、そのうち50%以上ががんと診断されている。 全体として、州の主要ながん治療センターには年間約 36 万人の患者が訪れます。 これには、新規のケースとフォローアップのケースが含まれます。

同研究所は、11月7日の全国がん啓発デーを記念して、火曜日にバンディプールの部族地域でがん啓発・発見キャンプを開催する。

Kidwai 所長の V. ロケシュ氏は、早期に診断されれば生存の可能性が高まるため、がん治療では早期介入が最も重要であると述べた。 「残念ながら、ほとんどの患者は進行した段階で治療機関に来院するため、一般の人々の意識を高めることががん予防において重要な役割を果たしています」と同氏は述べた。

国内で毎年報告される約140万人の新たながん症例のうち、推定8万7,500人の新規症例がカルナータカ州からのものである。 男性では、肺がんが依然として最も主要ながん部位であり、男性がん全体の9.6%を占め、次いで胃がんと前立腺がん(6.8%)、食道がん(5.5%)、口がん(5.1%)となっている。

キッドワイ大学疫学・生物統計学部准教授のビジェイ・CR氏は、女性の間では乳がんが最も一般的ながんであり、女性がん全体の30%を占め、次いで子宮頸がん(11%)、卵巣がん(7.2%)となっていると述べた。 )、口(4.3%)、子宮体部(4.2%)。

危険因子

ロケシュ博士は、タバコの使用が癌の3分の1以上の発生に寄与していることを指摘し、女性人口(つまり46歳と24歳)と比較して、人口10万人当たりの年齢調整率が最も高いのは男性であることが判明したと述べた。 。 他に考えられる危険因子としては、食事、公害、過度のアルコール摂取、身体活動不足、職業上の危険、感染症などが挙げられると同氏は述べた。

「キッドワイで診察されているがん患者のほとんどは、農村出身で文盲で、医療施設へのアクセスが限られている社会経済的下位層の出身です」と同氏は述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick