カレッジフットボール第 11 週のオッズ、指名

1699719324
2023-11-11 16:00:00

アリゾナ州立大戦でのトラブルの後、ワシントン・ハスキーズのオフェンスはここ2週間で軌道に戻り、土曜日のユタ戦でもマイケル・ペニックス・ジュニア&カンパニーが調子を上げてくれることを期待している。

はい、8.5 は大きなスプレッドですが、ワシントンのオフェンスは爆発的で、ユタをトラック大会に追い込むことができるはずです。この試合ではユタが最も確実に避けたいスタイルです。

これらの犯罪は同じ成層圏にあるわけではありません。

ハスキーズは1試合平均509ヤード、41得点を記録しているのに対し、ユーツは平均352ヤード、25得点を記録している。

現時点で多くの人がハイズマン候補の筆頭としているペニックスは、フィールド中にボールを投げるオフェンスで3,201ヤードを投げ、タッチダウン26回を記録し、NFL出場のレシーバーを複数抱えている。

逆に、ユタ州のクォーターバック、ブライソン・バーンズは930ヤードを投げ、8タッチダウンを記録した。

確かに、バーンズは先発試合が減り、よりバランスの取れた攻撃をリードしている(ユタはワシントンよりも1試合あたり66ヤードのラッシュを記録している)が、それでも、これらのオフェンスは数マイル離れている。

もちろん、相手のオフェンスは同時にフィールドにいるわけではなく、直接対決することはありません。

その代わり、ワシントンのオフェンスは、Pac-12で最も少ない1試合あたり15.9失点を喫しているディフェンスと戦わなければならない。

一方、ワシントンの守備陣は1試合あたり23失点を喫しており、カンファレンス内で6位にランクされている。

先週、ユーツはASUをわずか3点に抑えたが、10月21日にはハスキーズに7点差に迫られたサンデビルズは負傷に見舞われ、クォーターバックで椅子取りゲームをしている。

ユタ州が Pac-12 でよりエリートの攻撃陣である USC とオレゴン州に直面したとき、その守備力が露呈しました。 ユタはトロイの木馬に32得点、ダックスに35得点を許した。


マイケル・ペニックス・ジュニア
ゲッティイメージズ

USCには勝ったものの、オレゴンが圧倒しており、もしハスキーズがユタ戦で見せたような攻撃を展開できれば、ユーツにとって長い一日になるだろう。

ワシントンが早い段階でビッグプレーをいくつか決めることができれば、ハスキーズは簡単にカバーできるはずだ。

ローマ・オドゥンゼはレシーブあたり平均17.7ヤードを獲得し、シーズン989ヤードと7タッチダウンを記録しているが、一瞬でゲームオーバーになる可能性がある。

ペニックスが早い段階でオドゥンゼに長いタッチダウンを決め、水門を開けるのが目に見えています。

ユタ戦では、オレゴン州は速いスタートを切り、第1Q終了時点で14対3とリードし、ハーフタイム時点では21対6でリードした。

そのため、ユーツはランを放棄し、パスを出してゲームに戻ろうとしました。

しかし、ユタ州はそうしませんでした。なぜなら、チームはそのように成功するように作られていないからです。

ハスキーズは確かにそのシナリオに従い、ユタを快適ゾーンからすぐに抜け出すことを目指すでしょう。

ユタは先週のASU戦でシーズン最高の55得点を記録したが、私はそれについてあまり深く考えていない。

NFLに賭けますか?

サンデビルズは現時点ではそれほど優れたサッカーチームではなく、オフェンスが非常に無能であるため、ディフェンスは常にフィールドにいます。

ユタは試合を通して有利なフィールドポジションと豊富なポゼッションを持っていた。 得点は避けられなかった。

シアトルでプレーすることは対戦相手にとって決して簡単ではない。ハスキーズはPac-12チャンピオンシップゲームへの出場権を獲得し、カレッジフットボールプレーオフへの出場権を争う瀬戸際にあるので、ワシントンが全力を尽くして好スタートを切ることを期待している。始める。

選択: ハスキーズ (-8.5、プレートゥ -10)。

#カレッジフットボール第 #週のオッズ指名

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick