カルガリーは、エコノミストインテリジェンスユニットによって世界で3番目に住みやすい都市に選ばれました

カルガリーはスイスのチューリッヒと提携し、エコノミストインテリジェンスユニット(EIU)の世界で最も住みやすい都市の年間ランキングで3位になりました。

カルガリーはこれまでトップ10に入っていましたが、3位はバンクーバーが5位、トロントが8位で、市が到達した最高ランクです。

ジョティ・ゴンデク市長は木曜日の声明で、「より多くのカルガリア人が自分たちの街の物語を語り、人々は注目している」と述べた。

「最も住みやすい都市のランキングでの私たちの上昇は、私たちの都市の歓迎的な性質、その手頃な価格、そして起業家に提供される機会を反映しています。

「私たちは楽観的な見方をしみ出しており、私たちの未来を形作るために人々を招待しています。」

オーストリアのウィーンがトップの座を獲得し、デンマークのコペンハーゲンが2位になりました。

エコノミスト紙の姉妹会社であるエコノミストグループの調査分析部門であるEIUは、今年172都市をランク付けしました。

各都市には、安定性、ヘルスケア、文化と環境、教育とインフラストラクチャの5つのカテゴリにわたる30を超える定性的および定量的要因に対して100点満点の評価が与えられたとのことです。

全体のスコアは96.3で、各カテゴリでの都市の運賃は次のとおりです。

  • 安定性:95
  • ヘルスケア:100
  • 文化と環境:90
  • 教育:100
  • インフラストラクチャ:100

カルガリー経済開発局長のブラッド・パリー氏は声明のなかで、「ランキングの重要な側面は、経済的課題を与えられたすべての市民の生存可能性に焦点を当てることであり、カルガリーの焦点であり続けている」と述べた。

「このランキングは、カルガリーが世界的な課題の解決を支援する中で、人々が生計を立て、人生を送るのに最適な都市であることを認めています。」

市はダウンタウンの再考に取り組んでおり、最近では、歩行者のハブであるスティーブン通りをより活気のあるエリアに変えるために、GehlStudioおよびStantecCalgaryとのパートナーシップを発表しました。

EIUの生活費調査によると、生活費は考慮されていません。

調査結果

調査によると、全体として、多くの場所でCOVID-19の制限が緩和されたため、スコアは昨年から上昇していますが、世界平均のスコアは依然としてパンデミック前のレベルを下回っています。

特に、今年、EIUはその調査結果に、ロシアのウクライナ侵攻により、ウクライナのキーウがリストから削除されることを余儀なくされたと書いています。

戦争はまた、「不安定さの増大、検閲、西側の制裁の賦課、および企業が国からの活動を撤回した」ために、ロシアのモスクワとサンクトペテルブルクの下位ランクに影響を与えた。

シリアのダマスカス、ナイジェリアのトリポリ、リビア、ラゴスは、「社会不安、テロ、紛争に直面しているため」、最下位に位置しています。

西ヨーロッパとカナダの都市は、オーストラリアのメルボルンと10位で結ばれている日本の大阪を除いて、上位10位のほとんどを占めました。

See also  Gerindra Angry、Edy Mulyadi Case Hina Prabowo MeowingTigerを終わらせることはできません申し訳ありません

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick