ウーピー・ゴールドバーグがCOVID陽性をテストした後、「ビュー」はリモートになります

ウーピーゴールドバーグは、COVID-19の検査で陽性を示しました。 ゴールドバーグの診断は、月曜日の放送中に、「ザ・ビュー」の共催者の1人であるジョイベハーによって明らかにされました。

「ウーピーは残念ながら休憩前に陽性を示しましたが、おそらく来週戻ってくるでしょう」とベハールは語った。

Beharはまた、ゴールドバーグの健康状態は現時点では警戒の原因ではないことを確認しました。 ここ「ザ・ビュー」では非常に慎重になっています。」

月曜日のエピソードの後の部分で、「TheView」の共同ホストであるSunny Hostinは、彼女の母親と彼女自身が休暇中にCOVID-19の検査で陽性であったことも明らかにしました。 しかし、2人はクリスマス休暇のために隔離した後、その後回復しました。

「私は風邪のような症状があったので、ワクチン接種とブーストを受けたことにとても感謝していますが、気分が良くありませんでした」とホスティンは共有しました。

「ザ・ビュー」は、月曜日のエピソードのセミリモートプロダクションを再導入し、COVID-19の蔓延に対する安全対策を講じるために、共同ホストとゲストがいくつかの異なる場所から放送しました。 トークプログラムは、今後数週間もこのフォーマットを採用し続ける可能性があります。

エンターテインメントの他の多くの作品と同様に、「The View」は、ホリデーシーズンに増加したCOVID-19症例の新たな急増に取り組んでいます。 米国は、主にCOVID-19のより伝染性の高いオミクロン変異体のために、記録的な数の数に揺れ動いています。 この亜種は、11月に南アフリカでの研究によって最初に報告されました。 最初の米国の症例は12月初旬に発見されました。 現在、報告されているCOVID-19による死亡者数は、先週から18%増加しており、1日平均約1,546人が死亡しています。 CDCは現在、44,000人のアメリカ人が今後4週間でCOVID-19で死亡する可能性があると予測しています。

See also  MicrosoftTeamsを介して冗長化された人が€120,000を授与

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick