インドネシア、MIKTA 会合でロヒンギャ問題を強調

ジャカルタ (アンタラ) – 木曜日にニューヨークで開催された MIKTA (メキシコ、インドネシア、韓国、トルコ、オーストラリア) 外相会議で、レトノ マルスディ外相はロヒンギャ難民の運命と状況を強調した。

インドネシア外務省は、金曜日に発表された書面による声明で、会議は国連総会の第77回会合の傍らで行われたと述べた。

会議中、マルスディはロヒンギャ難民の状態が改善されていないが、悪化する傾向にあることに注意を喚起した.

現在、110 万人を超えるロヒンギャ難民がコックスバザールのバングラデシュ南東部に居住しており、人身売買や急進主義の被害を受けやすいと彼女は述べた。

関連ニュース: ウィドド大統領が地球市民賞を受賞

ロヒンギャ難民問題を解決する努力は、ASEAN首脳と合意した5項目のコンセンサスの実施に進展が見られないミャンマーの状況のた​​めに困難である、と彼女は付け加えた。

5項目のコンセンサスには、ミャンマーでの暴力の即時停止、ミャンマーのすべての関係者間の対話、ミャンマーへの特使の任命、ミャンマーへのASEAN人道援助の配布、すべてを満たすためのASEAN特使のミャンマー訪問が含まれます。パーティー。

MIKTA会議の議題となった社会保護問題について語り、マルスディは、国レベルで社会保護の適用範囲を拡大し、国間の社会保障範囲の格差を縮小することの重要性を強調しました。

関連ニュース:タイ、インドネシアのASEAN議長国への支持を表明

会合で、外相は、MIKTA がいくつかの国で人道危機を克服するための努力に具体的な貢献をすること、特に将来の危機を見越して社会的保護を改善することを約束することを強調した。

MIKTA は、メキシコ、インドネシア、韓国、トルコ、オーストラリアの外相が率いる非公式のミドル パワー パートナーシップです。 インドネシアは 2023 年にグループの議長を務めます。

MIKTA は、2013 年にニューヨークで開催された国連総会の傍らで設立され、効果的なグローバル ガバナンスをサポートすることを目的としています。

関連ニュース: マルスディがインドネシア、オーストラリア、東ティモールの会合を主導

関連ニュース:RI、ウクライナ、ロシアからの食糧供給を確保するための国連の措置を歓迎

See also  トラスは「トラックのカブ」アイルランドについてのブレグジットの発言をしました

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick