インドネシア、中国に243トンの水産物を輸出

1699547814
2023-11-09 16:15:48

テンポ株式会社ジャカルタ – サクティ・ワヒユ・トレンゴノ海洋水産大臣は、福州とアモイに輸出するために9つのコンテナに梱包された243トンの水産物を発表した。 中国

トレンゴノ氏は木曜日、「我々は、世界第二位の市場である中国と協力したPTメナラ・バハリ・ヌサンタラによる最初の輸出をリリースしたところである」と述べた。

輸出された水産物には、イカ189トン、サバ27トン、冷凍マナガツオ27トンが含まれ、総額は187億ルピアに達する。 この情報は、水産・水産製品競争力局長のブディ・スリスティヨ氏が明らかにした。

ムアラバルでリリースされた輸出品は、輸出を行うためのすべての要件を満たしているとブディ氏は付け加えた。 中国への輸出の承認番号に対する適正製造基準 (SKP) の証明書。

ブディ氏はまた、インドネシアの漁業に関心を持つ中国からの潜在的な輸入業者がさらに存在すると報告した。 これらの製品には、イカ、サバ、真鯛、銀白ニベ、ハタなどが含まれ、その量は 58,000 トンに達し、その価値は Rp3.4 兆に達します。

編集者の選択: インドネシア、中国に4,176トンのパイナップルを輸出

ここをクリック Google ニュースで Tempo から最新ニュースを入手するには

#インドネシア中国に243トンの水産物を輸出

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick