インドネシア、アラブ首長国連邦、移民労働者の配置に関する協力について話し合う

ジャカルタ(ANTARA)-インドネシア人力大臣のIda Fauziyahは、アラブ首長国連邦(UAE)大使と会談し、UAEでのインドネシア移民労働者(PMI)の配置に関する協力協定について話し合った。

「私たちは認識を一致させます。UAEでのPMIの配置には、雇用主が配置会社である1チャネル配置システムを使用することを望んでいます」とFauziyahは金曜日にここで受け取った書面による声明で述べました。

大臣は、木曜日(6月23日)にジャカルタの労働省の事務所で行われたUAE駐インドネシア大使アブドゥラ・セーラム・アルダヘリとの会談で声明を発表した。

Fauziyahは、会議での議論の主なトピックは、UAEでの移民労働者の配置に関する認識を調整することであると述べた。

大臣はまた、PMIの保護と配置の分野におけるインドネシア政府とUAEの間の協力は、労働者の保護と福祉を支持することによってより良くなる可能性があるという信念を表明した。

「特にPMIの配置において、インドネシア政府とアラブ首長国連邦の間の協力がうまく機能することを望んでいる」と彼女は強調した。

労働省は以前、インドネシアの移民労働者の配置に関する覚書(MoU)の完成を加速するためのステップとして、サウジアラビアとの二国間会議を開催していました。

「この会議は、特にPMIの配置に関して、インドネシア政府とサウジアラビア王国の間の覚書(の完了)を加速するための私たちの努力の一部でした」と労働省の事務局長、AnwarSanusiは次のように述べています。 6月15日にジャカルタで受け取った声明。

スイスのジュネーブでの会議中に、6月14日に会議の議事録が署名されました。これは、第2回雇用作業部会(EWG)会議の傍らで行われた両国間の二国間会議のフォローアップでした。ジョグジャカルタで。

これまでのところ、両国の技術チーム間の覚書の起草は、特にPMIの配置と保護の問題に関して、ある程度の進展を伴って円滑かつ生産的に進んでいるとサヌシ氏は述べた。

関連ニュース:省はG-to-Gスキームの下で287人の移民労働者を日本に送ります
関連ニュース:省は芸術を通じて移民労働者の法律についての意識を高める
関連ニュース:インドネシア、サウジアラビアがPMI配置に関する覚書の起草を促進

See also  サスカチュワン州で50歳以上に拡大する2番目のブースター

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick