アメリカ地域のポリオ – リスク評価 – PAHO/WHO

2022 年 7 月 21 日、アメリカ合衆国のニューヨーク州保健局は、ニューヨーク州ロックランド郡で 20 歳の免疫不全で予防接種を受けていない男性で麻痺性ポリオの症例が確認されたと報告しました。 . 米国疾病管理予防センター (US-CDC) によって確認された最初のシーケンスでは、ワクチン由来のポリオウイルス 2 型 (VDPV2) であることが示されました。 2022 年 9 月 13 日、US-CDC は、ロックランド郡と、8 月 3 日と 8 月 11 日に近くの郡 (オレンジとサリバン) で収集された廃水サンプルから VDPV2 が検出されたことを報告しました。これは、ロックランド郡で以前に報告された症例と遺伝的に関連していました。 この状況は、ウイルスの循環を証明しており、循環ワクチン由来ポリオウイルス 2 型 (cVDPV2) として分類される基準を満たしています。この国の敏感で堅牢な監視システムに。 南北アメリカ地域では、COVID-19 のパンデミックと現在のサル痘の緊急事態が 2 年以上続いており、医療システムは、主に予防接種サービスなどの活動が影響を受けているプラ​​イマリ ヘルス ケアのレベルで、重大な課題に直面しています。 この地域のいくつかの国で観察された予防接種率の低下は、パンデミックを強調し、それに応じてワクチンで予防可能な病気 (VPD) にかかりやすい人口を増加させました。 したがって、南北アメリカ地域では、ポリオを含む VPD の新規症例の発生および/または発生を除外することはできず、タイムリーな対応のための限られた能力に加えて、地域のリスクは引き続き次のように評価されるという結論に至ります。 高い.

See also  食物アレルギーの5つのサイン

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick