アメリカから大打撃! 「ロナルド・レーガン」はどこから来たのですか?

アメリカの空母が本日、5年ぶりに韓国に到着した、と世界機関が報告した。 核搭載可能な空母のドッキングは、両国間の共同演習の一環であるだけでなく、北朝鮮に対する武力の誇示でもあります。

原子力空母「ロナルド・レーガン」とその運用スタッフの船が、韓国の南東部にある韓国の港湾都市釜山に停泊していると、フランス・プレスが報じた。

韓国国防省の代表はAFPの取材に対し、「ロナルド・レーガン空母の配備は、韓国と米国のパートナーシップの強さを示している」と語った。 軍艦の到着の目的は、「北朝鮮からの核の脅威とミサイル発射を抑止すること」であると同省は述べた。

空母「ロナルド・レーガン」に加えて、アメリカの戦闘艦隊にはミサイル巡洋艦と駆逐艦が含まれており、これらはすべて日本の横須賀市沖の通常の場所から到着した、とDPAは報告した。

ソウルとワシントンは、この地域における戦略的米軍の存在感を高めるつもりである、と – は回想する。 今年5月に就任した韓国の尹淑烈(ユン・ソクヨル)大統領は、前任者が主導した外交の失敗を受けて、米国との合同軍事演習を増やすことを約束した。

北朝鮮は今年、多数のミサイル実験を実施し、核兵器の保有に関する法律を変更した。 空母のドッキングは、北朝鮮の指導者キム・ジョンウンが国の核実験を再開する可能性があるという韓国と米国の当局者からの数ヶ月の警告の後に来ます

See also  ニコライ・ラドゥロフ:BSPとVazrazhdaneの政治家がロシアの外交官と会談している

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick