アシュリーバーティは全豪オープンで第3ラウンドにクルーズします。 マディソンキーズも進歩

オーストラリアのメルボルン-アシュリーバーティは、それほど長くはありませんでしたが-全豪オープンがその最初の先住民の日を祝ったとき、最前線で中心でした。

トップランクのバーティは先住民族の遺産を持っており、水曜日のメルボルンパークのメインスタジアムでの彼女の2回戦は、オーストラリアのアボリジニとトレス海峡諸島民に捧げられたプログラムの特徴の1つでした。

彼女はすぐにコートに出入りし、52分で142位の予選通過者ルシア・ブロンゼッティを6-1、6-1で破った。

「本当にかっこいい。…私が最も快適に感じる方法でその一部になることは私にとって素晴らしいことだ」とバーティは言った。 「私たちが文化をひとつにまとめる日、私は外に出てそれを楽しむことができて本当に良かったです。

「今日は本当にラッキーでした。」

また水曜日、アメリカのマディソンキーズは、ジャケリネクリスチャンに6-2、7-5で勝利し、11シードのソフィアケニンの最初の番狂わせをフォローアップしました。

バーティは一連のサービスホールドを48試合に延長し、6年連続でメルボルンパークの第3ラウンドに移りました。

2021年のウィンブルドンと2019年の全仏オープンのチャンピオンは、1978年以来、オーストラリアのグランドスラムトーナメントで優勝する最初のオーストラリア人女性になることを目指していたため、1回戦で1試合を落としました。

バーティの次は、別のイタリア人、30シードのカミラジョルジとの試合です。 それを勝ち取ると、バーティはディフェンディングチャンピオンの大坂なおみとの第4ラウンドの対決に終わる可能性があります。

ロッド・レーバー・アリーナでのこの日のオープニングマッチでは、8シードのポーラバドサがイタリアの予選通過者マルティナトレビザンに6-0、6-3で勝利しました。

バドサは先週のシドニーチューンアップトーナメントでタイトルを獲得しました。彼女はオーストラリアで初めて連続試合で勝利を収めました。

全豪オープンで2度優勝したビクトリア・アザレンカがジル・タイシュマンを6-1、6-2で下し、ハーモニー・タンが引退したときに6-3、5-7、5-1でリードしていた15番シードのエリナ・スビトリナと対戦します。彼らの第2ラウンドの試合。

スビトリナはマーガレットコートアリーナのコートで、第3セットの第5ゲームの後に左下肢の治療を受けていたタンが車椅子で連れ去られるまで待っていました。

「競技で怪我をしたアスリートはいつもひどい。彼女は本当に上手くプレーしていて、私にとっては簡単ではなかった」とスビトリナは語った。 「私はタフな試合でした。このように選手が出て行くのを見るのは難しいです。」

彼女の左下肢はひどく包帯を巻かれていたので、24歳のタンはスビトリナがサーブを握っていたのでボールに移動することさえできませんでした。 病んでいるフランス人女性は、引退するのではなく試合を終えることができることを望んで、脇の下に戻った。

議長の審判員リチャード・ヘイは、タンに右足のけいれんに苦しんでいるように見えたので、停止するか、より多くのダメージを与える危険を冒すように呼びかけました。

母親がグランドスタンドから辞めるように合図したので、タンはスビトリナからの抱擁と群衆からの拍手が続いた後、涙を流してコートを去りました。

21位のジェシカ・ペグラはアメリカ人のベルナルダ・ペラを6-4、6-4で破り、26位のエレナ・オスタペンコはアリソン・リスクを4-6、6-2、6-4で下した。

AP通信はこのレポートに貢献しました。

See also  マンストン移民センターでの死亡はジフテリアによるものかもしれない

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick