アクアパークのカワウソが、カタール ワールド カップの試合で日本の勝利を予測したことで、オンラインで賞賛を得る (ビデオ)

クアラルンプール、11 月 25 日 — 水曜日のカタール ワールド カップの日本とドイツの試合は、日本が 2 対 1 で衝撃的な勝利を収めて終了しました。

サムライブルーは、最後の 15 分間に浅野琢磨が決めたゴールで、4 度の世界​​チャンピオンと対戦しました。

しかし、衝撃的な勝利は、ちょうど前日、マクセル アクアパーク品川、東京、日本のカワウソ、太陽によって予測されていました。

共同通信によると、この 8 歳のラッコは、3 つのバケツのうちの 1 つにミニチュア フットボールを入れて試合結果を予測するよう、ハンドラーから命じられました。

青いバケツには日本の国旗、赤いバケツにはドイツの国旗、黄色のバケツには「draw」というラベルが付いていました。

カワウソは日本と一緒に行っており、自国の飼育員でさえ驚いていました。

翌日の日本の勝利に続いて、ソーシャル メディア ユーザーが彼のスクリーンショットを共有し、他の人々がラッコの正確な予測を称賛したことから、太陽はオンラインでその名を馳せてきました。

「私は彼を信頼しています。私は彼を信じています。この男からのものでない限り、私は何も予測を聞きたくありません」とユーザーのグレースはツイートしました.

「その真剣な顔に納得。 それは未来を知ることに喜びを感じないカワウソだ」と、ユーザーのアリソン・クレア・デッカーはツイートした。

ユーザーのエドゥアルド・ガルシア=モリーナは、「私が同意する唯一の神託予言です。

太陽がコスタリカとの日本の次の試合で予測を行うことを望んでいた人もいますが、ヤフーニュースジャパンによると、水族館の関係者は、太陽が将来これ以上予測をしないことを明らかにしました.

代わりに、ラッコは水族館でミニパフォーマンスを行い、12 月 25 日までごみを右のバケツに分別します。

ワールドカップの試合と勝者を予測するためのオラクルテラーとして動物が使用されたのはこれが初めてではありません.

以前、世界は、2010年にドイツで開催されたワールドカップで一連の試合を予測することに成功したタコのポールと、当時のスペインのチャンピオンに紹介されていました.

ポールは、7月の大会からわずか数ヶ月後の2010年10月に亡くなったと報告されました。

See also  アイスホッケーワールドカップ2022| ホッケーオンライン:チェコ人はワールドカップの準決勝でディフェンダーに挑戦します

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick