ほぼすべてのインドネシア人がCOVID-19に対する抗体を持っていることが血液調査で示されています – 社会

ニーナ・A・ロアサナ (ジャカルタ・ポスト)

プレミアム

ジャカルタ●
2022年8月13日(土)

保健省とインドネシア大学公衆衛生学部が7月に実施した最新の血清調査によると、ほぼすべてのインドネシア人がCOVID-19に対する抗体を発症している。

研究者は群島全体の 100 都市の 20,501 人の血液サンプルを調べ、その約 98.5% がワクチン接種または過去の感染によりウイルスに対する抗体を持っていることを発見しました。

この数字は、同じ回答者が参加した 12 月の前回の調査で記録された 87.8% よりも約 10% 高くなっています。

全文を読む

今すぐ登録

IDR 55,500/月から

  • ウェブとアプリのコンテンツへの無制限アクセス
  • e-Post 日刊デジタル新聞
  • 広告なし、中断なし
  • イベントやプログラムへの特権アクセス
  • ニュースレターの購読

または、定期購入の管理を Google に任せます

See also  10代、6か月齢の妹がデリーでレイプされたとされ、1人が逮捕された

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick