うわー、OnePlus 10 Proには魚眼モードがあります–レビューオタク

Oneplus

OnePlus 10 Proの仕様に悩まされたのなら、あなただけではありません。 もちろん、これは非常に強力な電話ですが、1月4日に発表された仕様には、そのエキサイティングで最先端の機能が欠けていました。 もの 私たちは常にフラッグシップデバイスで見たいと思っています。 明らかに、10 Proには驚くほどクールなカメラ機能がいくつかあるので、OnePlusは私たちを抑えていました。

1月4日に学んだように、OnePlus 10 Proは、48MPのメインレンズ、50MPの超ワイドカメラ、および8MPの望遠カメラを備えています。 また、OnePlus 9Proの2倍のサイズの大型32MPセルフィーカメラも搭載しています。 興味深いことに、OnePlusは超広角カメラに150度レンズを選択しましたが、このレンズはAI補正ソフトウェアを使用して110度モードで撮影できます。

しかし、これらのカメラは、いくつかの興味深い進歩を伴う第2世代のハッセルブラッドモバイルシステムで動作します。 大きな変化は、10ビットカラー撮影、つまりOnePlusが「BillionColorSolution」と呼んでいるものです。 10 Proのリアカメラはすべてフル10ビットカラーを撮影します。つまり、OnePlus 9Proのカメラの64倍の色を処理できます。 (カラーサポートの強化により、それほどカラフルではないショットでも、画像がよりきれいに見え、カラーバンディングが減少するはずです。)

さらに、OnePlus 10 Proは、12ビットのRAW撮影に加えて、RAW +と呼ばれる新しいフォーマットをサポートしています。 RAW +の背後にある理由はわかりませんが、基本的には従来のRAW撮影モードです。 含む お使いの携帯電話の計算写真は写真を微調整します。

しかし、OnePlus 10Proの新しい撮影モードは本当に際立っています。 この150度の超広角カメラには、魚眼モードが組み込まれています。これは、本物の魚眼レンズではありませんが、魚眼で撮影されたように画像を整形します。

iPhone 13ProのAppleのシネマティックモードを思い出させる素敵な新しいムービーモードもあります。 基本的には、撮影時にISOやシャッタースピードなどを調整できます。 LOG形式で撮影して、シーンから大量のダイナミックレンジを取得することもできます。このLOG撮影設定では、事前に設定された画像プロファイルは必要ありません。

OnePlus 10Proは7月11日に中国で発売されます。 今年後半に北米、インド、ヨーロッパに到着します。 価格設定はまだ謎であり、画面サイズ(おそらく6.7インチ)などのいくつかの重要な仕様がまだ欠けています。

出典:OnePlus

See also  343がHaloにマイクロトランザクションを追加する可能性があります:マスターチーフコレクション

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick